空白の100年で滅びた王国は最後の島ラフテル!?

ひとつなぎの大秘宝があるとされる最後の島、ラフテル。

現在進行中のワノ国編ですが、そのラフテルに唯一たどり着いたロジャー海賊団に同行した光月おでんの国で物語は進行しています。

さらにラフテルに到達するのに必要なロードポーネグリフなどを作ったのも光月家です。

そこで今回はラフテルについての考察になります。

ひとつなぎの大秘宝

白ひげが頂上戦争で絶命するその時に

「ひとつなぎの大秘法は実在する」

と言っています。

ロジャーから直接聞いていたであろう白ひげが言っていたことなので、実在するのは間違いないようです。

その少し前に白ひげは、世界政府はいつか来る世界中を巻き込むほどの巨大な戦いを恐れている、とも言っています。

誰かが秘法を見つけた時、世界はひっくり返ると。

その当時海軍元帥であったセンゴクは、怒ったような困ったような表情をして、何も言葉を発せずにいました。

まるでセンゴク、そして世界政府はひとつなぎの大秘法について知っているかのようです。

しかもそれを隠したがっているように見えます。

空白の100年

世界政府がはっきりと隠したがっているのは「空白の100年」ですね。

そのため、歴史などを記したポーネグリフの解読を固く禁止しています。

オハラのクローバー博士は「空白の100年」の事実を知るためにいくつかポーネグリフを読み解いたことで、かつて巨大な王国が存在したことを知ります。

クローバー博士によると王国は現世界政府に滅ぼされ、現在では跡形もないそうですが、その国の名を叫ぼうとした瞬間、彼は撃たれました。

世界政府は明らかにこの王国の存在を隠したがっています。

さらにクローバー博士は撃たれる前、呼び起こされる王国の存在と思想こそが世界政府にとっての脅威、と推測しました。

これは先ほどの白ひげが言った、世界政府が恐れている「世界中を巻き込むほどの巨大な戦い」と関連性があるように思えます。

ラフテル

空白の100年、滅びた巨大な王国、ひとつなぎの大秘宝。

世界政府が隠したがるこれらをつなぎ合わせると、一つの仮説が浮かび上がってきます。

かつて世界政府によって滅ぼされた王国、それこそがラフテルなのではないでしょうか。

そこに存在するひとつなぎの大秘宝を手に入れた時、世界はひっくり返り、巨大な戦いに発展する。

そのラフテルの存在を教え、到達させる手段であるポーネグリフ。

だからこそポーネグリフを調べることを世界政府は固く禁止したと考えられます。

おわりに

ポーネグリフと言えば、当然古代兵器も関係してくると思われます。

島一つ跡形もなく吹き飛ばすプルトン。

巨大な王国が跡形もなく消えたのと関係しているのでしょうか。

全ては繋がっているのかもしれませんね。